「大東建託のアパート経営」 資料請求はこちらから!!

大東建託の資料請求

資料の請求はこちらから 【大東建託アパート経営】

 

大東建託のアパート経営が気になっている方、

 

資料請求は迷わず、慌てず、間違いなく、

 

こちらからが断然お勧めです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

大東建託の資料請求はここが一押し!!

 


なぜ、上記のサイトを強くお勧めしているのかと言うと、

 

他のハウスメーカーや工務店などからもまとめて同時に、資料請求ができるからです。

 

大東建託だけではなく、ほかの会社の資料も手に入るのです。

 

東建コーポレーションやセキスイハイム、ダイワハウス、三井ホーム、パナホーム、セレコーポレーション、積水ハウスなど・・・・様々な建築会社の資料も一括で請求ができるのです。

 

アパート経営はどこの会社と付き合うかが大きなポイントとなります。

 

相手を間違えるとあなたの大事な資産に傷がつきます。

 

その意味でも、多くの会社を比較することが重要だとは言えないでしょうか?

 

 

 

大東建託以外の資料も届く!!

 

また、このサイトは資料だけではなく、

 

「収益増加プラン」「建設見積もり」「間取りプラン」「収支計画」「市場調査」

 

もきちんと作成してくれるのです。

 

これだけの高度な資料が手に入るのです。

 

しかも、大東建託だけではなく、

 

他のハウスメーカーや工務店の資料もまとめて収集することが可能なのです。

 

 

このようなサイトは他にはなりません!!

 

 

 

●画像は大東建託公式HPより引用

アパート経営は管理が肝

大東建託のアパート経営においても管理は非常に重要です。

 

土地活用のアパート経営は管理組合が機能しているかが前提となるため、アパート経営スタート時に最も知っておかなければならないのは、管理組合の重要性です。投資用アパートには、建物管理を主な業務とするアパート管理会社とアパート所有者の団体の管理組合が管理委託契約を締結することで管理業務を行うことが必要です。

 

管理組合がアパート管理会社に管理を委託することで、長期修繕肘肉と修繕履歴に基づいて修繕積立金の積み立て方針を立てることが可能となります。修繕履歴を残しているかどうかわからない中古アパマンの一棟ものと比較すると、大東建託のアパートは残しているため、後の修繕対応がわかりやすいのです。多くのアパマンオーナーは実需向け投資用アパートに特化する一番の理由を「住民の大多数が所有者で、住まいを大切にしようとする意識が賃貸物件より高いこと」だ言います。管理組合がうまく機能していることを見極めることができれば、健全な住まい環境が維持できる可能性が高くなりますが、果たしてそうなのでしょうか。結局はアパート管理会社も管理が後回しになりがちになるのです。管理会社に任せきりの状態だと、積立金額を知っているアパート管理会社の言い値で管理が進むことにもなりかねないでしょう。アパート管理は大東建託に任せた方が良いでしょう。

 

では、管理組合が機能しているアパートなのかはどのように判断すればいいのでしょうか?

 

方法のひとつとして、売主に①総会議事録、②総会資料(決算書)、③長期修繕計画書、④修繕履歴、⑤管理会社と管理組合との管理委託契約書と重要事項説明書、の5つを請求することが挙げられます。これらの書類は所有者である売主に配付されています。ただし、破棄している場合も多いので、その場合は、売主から管理組合に再交付を頼むか、仲介会社からアパート管理会社に依頼してもらうことになるでしょう。上の5つの書類がない管理組合の場合は、長期的なアパート建物管理ができていない可能性が高いのです。ただし、これは書類上の推測。建物管理が行われているかどうかは現地確認が絶対に必要です。書類が全てそろい、内容に問題がなくても、建物自体が悪ければ、元の木阿弥になるでしょう。

 

アパート経営は管理で決まる

アパートの管理組合が活動しているのかどうかが心配でしたら、自ら理事になるという手はいかがでしょうか。購入の際は自己資金を必ず拠出し、引き渡しの決まっている物件のローンが突然キャンセルになってしまった。ワケありの新築を割安で手に入れるなどで築浅物件の所有が多いのが現実です。住環境や管理状況を良くし、物件の価値を維持していくために、自ら管理組合の理事になるよう努めているのです。大東建託の一括借り上げでアパート管理の心配もなくなるでしょう。

 

アパートごとの定期的な理事会に出席し、民泊の運営を許可するかなどルールを決める場合は所有者の意見のとりまとめをしなければならいのが実情です。出席者が少ない場合は連絡をとり、組合で定められた数以上の意見を集めなければならないなど、理事になることは簡単なことではありませんが、極めて難しいとも言えないでしょう。しかし、賃貸経営のために所有している家主にとってはメリットがたくさんあるのも事実です。例えば、屋上に設置することでアパート全体の収入になる携帯電話の基地局アンテナ設置などで修繕積立金に充当しているオーナーさんもいます。最低でも年間100~300万円程度の収入が見込めるため、自身が支払う分を含めアパートの家主らから徴収する修繕積立金額を抑えることができるといえるでしょう。

 

アパート管理大東建託に任せましょう!!

 

  • 画像は大東建託公式HP、関連HPより引用しています。
  • 見積もり請求は当該地区で運営している建築会社のみとなります
  • 記事内には「PR」の宣伝活動および、アフィリエイト広告が含まれております。